エヴァ見た (1)

突然エヴァンゲリオンシリーズを頭から完結まで観た。めちゃくちゃ消化不良だけど、プリミティブな感想みたいなのはどんどん湧き出てくる。

激睡眠不足 *1 +トイレ行きたくならないようほぼノンカフェイン *2 で突撃したにも関わらず、エンドロール *3 含めて上映中に一瞬たりとも眠くならなかった (なんかすごかったので褒め方がよくわからない) くらいにはとにかく良かった。良かった……。


自分は1995年生まれで、これがTVシリーズエヴァンゲリオンの放映年であることは皆知っているだろうけど、これまではそういう時の流れの文脈でしかエヴァンゲリオンを捉えたことしかなかったように思う。そういう文脈とは、ポストバブル、平成不況からの阪神淡路大震災地下鉄サリン事件失われた10年の真っ最中……みたいな時間軸における一つのイベントとしての社会現象 (の起点)、みたいなイメージ。放映開始時点では生まれてたとはいえ突然1ミリたりとも覚えてないし、これで親とかが見てたりしたらまた違ったんだろうけど明らかにそうでもなさそうだし、みたいな関係性。

シン・ゴジラをちゃんと観たときにはめちゃくちゃ面白いなと思ったけど、2016年の公開時には劇場に足を運ぶこともなく、最初に観たのはNetflixAmazon Prime Videoのどっちだっけ、みたいな感じだった。シン・ゴジラの総監督である庵野さんはエヴァンゲリオンで有名な人、くらいの認識はあったと思うけど、不思議とそこからエヴァンゲリオンも見てみるかということにはならなかった。不思議と、といいつつ、めちゃくちゃ食わず嫌いするほうなので、だいたいこういう感じの暮らしを送り続けているという話ではある。

めちゃくちゃ食わず嫌いしつつ、たまに何かのきっかけで手を出してみるとめちゃくちゃおもろいやんけ、という感じになるみたいな出来事はこれまでも何度もあった。そういうあたりにシンジくんを重ね合わせて見ていないといえば嘘になりそう。本当か?

旧劇と新劇との違いみたいな話題も含めて細かい設定とか全然把握できてないし、全部一巡した程度でその辺を眺めてしまうのは逆に損なのではないか、という気持ちになりつつある。一方でこの前やってたNHKのプロフェッショナルの庵野さんスペシャルだけは一番最初に興味本位で眺めてて、順番は完全に間違ってるんだけど、とにかくそういう気持ちになっている。

*1:今日の午前 3 時に Q 見終えて、興奮が少し落ち着いて眠気が勝ったのが 4 時過ぎ、9 時からの上映を予約してしまったので 8 時前には起きた

*2:寝起きにコップ一杯分だけコーラ飲んだ

*3:橋本麦さんの名前でめっちゃ驚いた

近況

  • 知ってる人間 (友人) とのコミュニケーションであれば映像情報はどうでもよくて、音声通話と、さらに URL とかを貼り付けたりできるテキストチャットみたいな形が一番ラクな気がする。ハイパーリンク最高。家族相手とかだと文脈が全然違いそうではある
    • つまり Discord がよい
  • チームでテックリードというロールをやるようになった。なんかごちゃごちゃ考えていくのが結構好きということに気が付きつつある。好きな気がするんだけど、それは果たして得意だったりするのか、みたいのはまだよくわからんし、それでなんか最終的な成果出たのかというとそこは遠そうな気がしており、まだ自己満足で終わってる可能性がまあまあ高そう
    • これまでやってこなかったことをやってるわけだけど、読むべきタイミングで読むべき本とかブログエントリを読むのはめっちゃ面白くて、素朴な快感を覚えることができる。社内など近しいところに先行している人がいると、こういうときにいろいろ教えてもらいやすくて便利
  • 引越し先を物色し続けている。平均すると毎日数時間単位で不動産情報サイトをdigっている気がするし、なぜか車も欲しくなってきたのでそれもちょいちょい眺めている……
    • 家はミスったときのリカバーが大変そう (めんどそう・やりたくない) だけど、車はそうでもないイメージがあるのはなぜなのか
      • 生活の足という気持ちは毛頭なく、趣味の品・ぜいたく品・高級ガジェットのつもりで物色しているから、という気はする
  • VRChat 手を出しかけたけどなんかめっちゃ酔ってしまうのであんまやれてない……。絶対最高の VR 元年にしような

2020/3/25 から 2021/3/25 までに Music.app のライブラリに追加した曲 (= この期間内に買った曲) を再生数順に並べたスマートプレイリストを手で再現したのがこれ。何なんだという感じがすごいし、電音部ってまだもうすぐ一周年くらいなんだよな

あとこれ

ありものの BigQuery プロジェクトで定義されているビュー群を素朴に Dataform の sqlx ファイル化する

(Dataform とは https://dataform.co/ のことです)

要件

  • ref() を使ったテーブル間参照についてはとりあえず考えないことにする
  • BigQuery の dataset 名と、Dataform の definitions/ 内のディレクトリ構成をなんとなく一致させたい

ってことで、Ruby でこういうかんじでできると思う。google-cloud-bigquery gem とかですらなくて bq CLI を叩いてるだけであまりに素朴だけど、まあふつうに出来てしまうわけだからいいかという気持ちです

require 'json'
require 'fileutils'

target_project = 'super-gcp-bigdata-project'
target_datasets = %w{nantoka__mart nantoka__warehouse}

dataform_repo_root = '/path/to/dataform-linked-repo-root/'

target_datasets.each do |dataset_name|
  FileUtils.mkdir_p File.join(dataform_repo_root, "definitions/#{dataset_name}")
  res = JSON.parse(`bq query --format prettyjson --location asia-northeast1 --use_legacy_sql=false 'SELECT * FROM #{target_project}.#{dataset_name}.INFORMATION_SCHEMA.VIEWS;'`)
  res.each do |table|
    table_name = table["table_name"]
    query = table["view_definition"]

    path = "definitions/#{dataset_name}/#{table_name}.sqlx"
    dest_path = File.join(dataform_repo_root, path)

    File.open(dest_path, "w") do |f|

      f.write(<<EOF
config {
  type: "view",
  schema: "#{dataset_name}",
}

#{query}
EOF
             )
    end
  end
end

これを実行すると '/path/to/dataform-linked-repo-root/'ディレクトリ下に sqlx ファイルがだかだか発射されるということになるので、それを目視で軽く確認しながら手でコミット & master ブランチ的存在にマージ、とするとよい、という想定。

ミソ

2020 年刺さった曲

f:id:polamjag:20201215230012p:plain

良かった曲、とかだとなんか客観的な評価っぽい感じがしてちょっと違うよな〜とか考えながらいい表現ないかと思ってたんだけど、刺さった だとしっくり来たのでそれでいきます。順番とかにはあんまり意味はなくて実質順不同です


優勝: 罰と罰

罰と罰

罰と罰

順不同とか言いつつ、優勝したのは問答無用でこの曲なのは間違いない。今年一番リピートしたし、なんなら 2015 年からずっと維持してる iTunes ライブラリの中でもぶっちぎりで再生回数が多い曲になってしまった!y0c1e さんも田中秀和さんも好きすぎるし、鹿乃さんの声もよい……。アルバム自体も 2020 年優勝ディスクという感じなんだけど、この曲のわけわからなさは本当にびっくりした。まじでなんなんだ??

lichtung.hateblo.jp

今年は DJ 行為をするチャンスが激減してしまったけど、最後の最後にねじ込めて本当によかった。y0c1e さんが BUGLOUD 名義で出してるこの曲を聞いてもらえると言いたいことが伝わるんじゃないかと思う、というか伝わるなら友だちになってくれ

Gamer

Gamer

  • Bugloud
  • ハウス
  • ¥255

鹿乃さんの曲だとこれもよかった:

I am who I am

I am who I am


準優勝: 電音部

全体的に助かったとしか言いようがない

いただきバベル

いただきバベル

  • 黒鉄たま (CV: 秋奈)
  • エレクトロニック
  • ¥255

秋奈さんボーカルでケンモチヒデフミプロデュースはズルくない??秋奈さんの声、こういう曲のがめっちゃ好きだったので非常に助かりました

Winning Day

Winning Day

  • KARAKURI
  • アニメ
  • ¥255

はい最高

good night baby (feat. Moe Shop)

good night baby (feat. Moe Shop)


ミラーボール・ラブって 2020 年の曲なんだっけ……

ミラーボール・ラブ (M@STER VERSION)

ミラーボール・ラブ (M@STER VERSION)


曲も当然めっちゃ好きなんですが、歌詞に「クロール」っていう単語が出てくるのでめっちゃ笑顔になった


Lone x Kettama、秋奈さんボーカル x ケンモチヒデフミプロデュース に匹敵する衝撃を感じたと思う

The Way You Feel

The Way You Feel

  • Lone & Kettama
  • エレクトロニック
  • ¥255


KiNK のことは常に好きです

Call Nasco (feat. Rachel Row)

Call Nasco (feat. Rachel Row)

  • Kink
  • テクノ
  • ¥153

これなんだよな (これは去年の曲だけど……)

The Sun

The Sun

  • Kink
  • テクノ
  • ¥153

そしてこれはだいぶ前の動画だし 2020 年は全然関係ないけどまじでやばいとおもう


マルチネ枠。DZZ 前から好きだったけど hirihiri やばいすね……

sunscreen (DZZ Remix)

sunscreen (DZZ Remix)

  • hirihiri & DZZ
  • エレクトロニック


今年ベストハウス (主観) です

A Body Thing

A Body Thing

  • DeMarzo
  • ハウス
  • ¥255


最後に全部持っていったで賞

なんなんだ!!!!!!!


2021 年も曲を買っていくぞ!!!

飲み会を録音するとおもしろい

iPhone のボイスメモをなどを使うと、飲み会の様子を手軽に録音できる。

飲み会の様子を録音すると何が嬉しいのかというと、別に大したことはないのだけれど、この 2020 年のように困難な状況においては、しょうもないゴミとしか思っていなかった音声ファイルさえも愛おしく感じられる……というのは言い過ぎだろうけど、とはいえ写真では残らないなにかを残せるのは間違いないと思う。

動画を撮影したら完全上位互換じゃんって感じではあるんだけど、カメラに写っていると思うのとそのへんにマイクが転がっているのとでは気の持ちようが変わってくる気がするし、酔っ払ってたらどっちも変わらないような気もする。

ポッドキャストをやれというような話ではなく、完全に普通の会話を録音して、忘れた頃に聞き直すと面白い、という話でした。


さて、酔っ払った人間はそのへんの物体を楽器にすることがあることが知られている。そのへんの物体に衝撃を与えることで打撃音を発生させることで打楽器に見立てる、というのがもっともオーソドックスな発現だろうか。ボイスメモを使えば、そこから偶発的に生み出される音楽も収録できる。打楽器といえばダンスミュージック、ダンスミュージックといえば Ableton Live。断続的に打楽器の音がしているような音声ファイルは、Simpler のスライス機能を用いることで単音ごとに演奏できて非常に便利。

www.youtube.com

こうじゃ

f:id:polamjag:20201221232356g:plain

これに、2018 年の忘年会の N 次会 *1 のときに id:masawada さんが MacBook Pro の Touch Bar を使って演奏したシンセサイザーの音を重ねる。

これを masawada.fm テーマソング (仮) として提案させていただきます。


このエントリは、masawada Advent Calendar 2020 22 日目のエントリです。

昨日は id:koudenpa さんの「masawada Advent Calendar 2020 予定地 - koudenpaのブログ」でした。明日は id:stefafafan さんです。

*1:飲み会をボイスメモで録音すると面白いという事実はこのときに発見された

#密閉型イヤホン以外でWeb会議アドベントカレンダー: Plantronics M70 の巻

AirPods Max 高すぎるけど密閉型イヤホン以外での Web 会議を模索したいアドベントカレンダー N 日目 (数えるのをやめた) です。

#密閉型イヤホン以外でWeb会議アドベントカレンダーですが、ここまで多くの皆様にご参加頂いていることに心より感謝いたします。

もうちょっと続けるかと思いつつ、これ以上紹介できるグッズがないんだよな〜と考えていたんですが、ありました。コレ。

ある意味 Bluetooth ヘッドセットの原点かつ頂点みたいな形をしているこちら、Plantronics M70 です。

Plantroncisプラントロニクス というブランドには馴染みがない方も多いのではないかと思うのですが、NASAアポロ計画で使われたヘッドセットを供給していた歴史があったりと、老舗のヘッドセット屋 (?) と言えるようなメーカーです。

Plantronics - Wikipedia

Plantronics M70 の話に戻ると、Bluetooth イヤホンというものがこんなに市民権を得る前 (AirPods 前史の時代) の Bluetooth ヘッドセットといえばこういう形だよね〜、というようなイメージドンピシャじゃないかなと思います。だいぶ前に運転中の携帯電話操作が明に違法化?厳罰化?された瞬間があったと思うのですが、その頃に運転しながら通話をしたいドライバー向けみたいな感じで売られてた *1 みたいなアレです。

M70 は通話専用ではなく、オーディオ再生用の Bluetooth プロファイル (A2DP) にも対応しているので、音楽とかポッドキャストの音声なんかも普通にこれで聴くことができます。

良い

  • 3,000 JPY くらいで買える。安い
  • バッテリーめっちゃ長持ち。公称通話時間は 最大約 11 時間
  • イヤーチップ的な部分はシリコンでできているので馴染みやすい
    • 密閉型 (カナル型) じゃないの?と思うかもしれないけど、オープン型イヤホンのガワ部分がシリコンになっただけみたいな感じです
  • イヤーフックもついているので、だいたいどんな形の耳に対しても固定しやすい
    • 自分は耳の形がおかしい??のか、イヤホンの形をかなり選ぶ方なのでこれはうれしい

いまいち

  • 片耳だけで使うタイプなので、慣れるまでちょっと違和感があるかも
    • まあ慣れる
  • いまいちな点そんなにない気がする
    • microUSB 充電なので USB-C に統一したい人は困るかもしれないけど、個人的には今の所どうでもいい
    • イヤホンの音質はほどほど……だと思う。悪いと感じたこともないけど、まあ音質を期待して買う製品ではなさそう

引き続きこのネタのエントリを募集しています。#密閉型イヤホン以外でWeb会議アドベントカレンダー タグをつけてエントリを (勝手に) 書いてもらえると嬉しいです (アドベントカレンダー名乗りサービスみたいなのは使ってないですし、そもそも 24 日間埋めるつもりもとくにない)。

*1:今もコンビニとかでも売ってますよね

#密閉型イヤホン以外でWeb会議アドベントカレンダー 1 日目: AfterShokz Aeropex の巻

AirPods Pro を数時間連続で装着すると耳垂れがめちゃくちゃ出るのでカナル型イヤホン以外で Web 会議とかをやりたいアドベントカレンダー (そんなものはない) 1 日目です。

AfterShokz Aeropex というのは、Bluetooth を搭載したいわゆる骨伝導型イヤホンです。マイクも搭載していて HFP / HSP に対応しているので、通話とか Web 会議 (広義の Zoom) にも使うことができます。

良い

  • 骨伝導型イヤホンなので耳が塞がれない
    • 当然外の音も聞こえる
    • Web 会議だけでなく、ジョギングとかするときに便利だと思う、というか本来はそういうのを狙った製品なんだけど
  • バッテリーが長持ち (公称 8 時間)
    • 実質 1 営業日持つ
  • マイクの音質はまあ普通っぽい
    • 音量の設定とかちゃんとしてれば普通っぽいです
  • なんかプルプルしたりしないんだろうか、と思うんだけど、意外としない。するのはする

いまいち

  • 充電が独自の MagSafe 的端子なのでケーブルに汎用性がない
    • 最近出た AfterShokz OpenMove ってやつは USB-C 端子になってた
    • それを見越して?なのか、同じケーブルが最初から 2 本付属してるのは丁寧な感じがする
  • 2 デバイス同時にペアリングできるという設定なんだけど、挙動が全体的に不穏
    • 2 デバイス同時に掴んだ状態になったあとに片方のデバイスとの通信が途切れると、ポポッ というビープ音がそこそこの音量で永遠に鳴り続けてめちゃくちゃ鬱陶しい
    • 回避法
      • そういうシチュエーションが発生しそうなときは、先に 1 デバイスしか電波の届かない範囲まで移動したあとに電源を入れる
      • そもそもこのマルチペアリング機能を使わず、デバイスの切り替えは都度ペアリングし直すことでやることにする
  • 頭の後ろにループ状の物体が配置されることになるので、椅子の背もたれや首部分に配置されるサポーター的オブジェクトとの相性がわるいがち
    • 具体的にはゲーミングチェアにありがちな首部分のミニ枕みたいな形のやつと完全に干渉するので Aeropex 使うときだけそれを外してます

悪いことばっかり書いてるように見えるかもしれないけど、全体的な満足度は非常に高いです。ずっと使ってるので細かいところが気になってきているみたいなところはある。

明日以降は id:kiyo-shit さんから AfterShokz OpenComm や Anker PowerConf について書いていただけることと期待しています。というか誰でも良いからこのネタで書いてほしいと思っていて、#密閉型イヤホン以外でWeb会議アドベントカレンダー タグをつけてエントリを書いてもらえると嬉しいです。