読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arch Linux で Debian / Ubuntu のパッケージ (.deb) をインストールする

テクノロジー

まず,yaourt で AUR から deb パッケージを扱うコマンドである dpkg をインストールします.

$ yaorut dpkg

次に,dpkg コマンドを使って deb パッケージをインストールします.(-i オプションは依存関係を無視してインストールするオプションです)

# dpkg -i hogefuga.amd64.deb

たまに,

/hoge/fuga/piyo: line 24: /path/to/some/foo: No such file or directory

みたいな感じでエラーが出ます.そういう時はだいたい依存関係が足りていないので,pacman なり yaourt なりで必要そうなパッケージをインストールします (dpkg で直接依存を解決すると,同一 OS の中に複数のパッケージマネージャが存在してしまうことになり,非常に厄介です).

足りないパッケージは,たとえば

/etc/sane.d/dll.conf: No such file or directory

みたいな感じだと,sane というソフトウェアが足りないのかな,みたいな感じで類推出来ると思います.わからなければ,そのフルパスでググってみるといいでしょう.

こうしてインストールした deb パッケージは,

$ dpkg -l

で一覧を表示することが出来ます.そこで表示されているパッケージ名を用いて,

# dpkg -r <package name> # /etc 以下などの設定情報を残す
# dpkg --purge <package name> # 全部消す

とすることで,パッケージをアンインストールできます.